格安スマホ(MVNO)は携帯キャリアの半額以下で利用することが可能です。

MVNOはなぜ安い?携帯キャリアと格安SIMの違いに迫る!

如何に安くても、通信速度が遅かったり利用できるエリアが狭かったりしては意味がありません。NURO光の元販売員が、格安SIM(MVNO)の安さの秘密、デメリットを解説いたします。
公開日:

格安スマホをとことん知りたい!

ラテ

携帯料金を少しでも安くしたいから、格安SIM(シム)のことを知りたいワン!
大手携帯会社との違いやデメリットを教えて欲しいワン。

ひとみ

今は色々な会社から格安SIMが登場しているよね!
月々1,000円~3,000円で利用できるものあるの。
今回は、格安スマホのことをまとめてみたよ!

格安SIMとは

格安SIMとは?

格安SIM(MVNO)とは、大手携帯キャリア(MVO)から回線を借り受け、一般ユーザーに提供するという通信サービスの総称です。

「SIM」とはスマートフォンに内蔵されたICチップのことで、同チップを格安SIM会社のものに変更すれば同サービスが利用できるようになります。

ただし、大手携帯キャリアが販売するモバイル端末は、その会社のSIMカードしか利用できないようにロック(SIMロック)がかかっています。

そのため、ご利用の際はロックされていない端末(SIMフリー)又はロックを解除した端末を利用する必要がある点に注意が必要です。(既にSIMフリー端末をお持ち又はSIMロック解除済であれば、格安SIMカードだけを契約し端末に差し込むだけでOKです。)

また、格安SIMの事業者によっては、モバイル端末をセットで販売しています。

格安SIMはなぜ安いのか

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手携帯キャリアは、独自の通信設備を持っています。

これらの設備を借り受け、そこから利用者にサービスを提供しているのが格安SIM事業者(仮想移動体通信事業者)です。

そのため、格安SIM事業者は通信設備の維持又はサポートをするための費用が発生せず、大手キャリアに比べて安い料金でサービスを提供することができます。

なお、通信設備を持つ事業者は「MNO」、通信設備を借り受けてサービスを提供する事業者は「MVNO」と呼びます。

MVNOはMNOが持つインフラを使用しているため、格安SIMの通信可能エリアは大手携帯キャリアと全く同じです。

格安SIMのメリット

格安SIMのメリット

格安SIM(MVNO)には、以下のメリットがあります。

メリットその①~毎月の利用料金が安い

格安SIMの一番のメリットは、なんといっても毎月の利用料金です。

インターネットのデータ容量が大きくないものを選択すれば毎月1,500円~3,000円ほどに抑えることができます。

メリットその②~プランが豊富

『音声通話プラン』『SMS付プラン』『データ通信専用プラン』と、シンプルに分かれているものが多いですが、必要に応じて『音声通話かけ放題』や『追加データ容量』などのオプションを選択することができます。

つまり、自身に必要なプランだけを付けることにより、無駄な支払いをとことん排除することが可能です。

メリットその③~2年縛りがない

大手携帯会社では、2年ごとの自動更新が設けられていたり、縛りがないプランでは利用料が高く設定されていたりします。

これに対し、格安SIMでは最低利用期間が6ヶ月~12ヵ月と短めです。(音声通話のないプランでは、そもそも最低利用期間や解約金が設けられていないことがほとんどです。)

契約期間に縛られず、いつでも契約解除ができる自由さも格安SIMの魅力と言えます。

格安SIMのデメリット

格安SIMのデメリット

一方、格安SIM(MVNO)には、以下のデメリットもあります。

デメリットその①~通信品質がMVOに劣る

格安SIM業者は大手携帯会社の回線を借りてサービスを提供しておりますが、借りられるデータ量については予め上限が設けられています。

そのため、元々の最大速度が遅い上に利用者が増える時間帯は混雑によってさらなる速度遅滞が起こる可能性があります。

具体的には、通勤・通学ラッシュ(7~9時)や、一般的な昼休みに該当する時間(12~14時)、帰宅ラッシュ時(17~19時)、帰宅後(21~23時)は遅くなる傾向が見られます。

デメリットその②~支払方法が少ない

格安SIM事業者の多くは支払方法を『クレジットカード払い』に限定しています。

口座振替には残高不足時に料金を回収できないというリスクがありますが、クレジットカード払いであればこのような心配がありません。(利用者本人ではなく、クレジットカード会社に請求できるため)

格安SIM事業者としては、利用料金を安く保つためにも確実に料金が回収できるクレジットカード払いにしたいという思惑があるのでしょう。

したがって、クレジットカードをお持ちでない方は、残念ながら格安SIMを利用できないということになります。

ラテ

「通信速度」は遅いけど、「料金」は圧倒的に安いんだワンね!
あまり携帯電話を使わない、という人は格安SIMで十分だワン!

ひとみ

2020年3月の総務省の発表によると、なんとすでに608社のMVNO事業者が参入していることが分かっているよ!
なお、契約シェア数トップ5は以下の通り。

1位 楽天モバイル(17.9%) 
2位 IIJ(13.1%)
3位 NTTコミュニケーションズ(10.6%)
4位 オプステージ(8.7%)
5位 LINEモバイル(5.7%)


生活スタイルや利用シーンにあわせて、自分にぴったりの契約を見つけてくださいね!